【雑感】岸田ショックは金融所得課税の見直し論が原因?

12年ぶりの8営業日連続の日経平均下落。
原因は「金融所得課税の見直し論」なのでしょうか?
所得税は所得の額に応じて税率が高くなる、いわば超過累進課税制度。
一方、株式の売却益や配当所得は一律20.315%で、しかも分離課税。
なので、所得が1億円を超えると株式の売却益や配当所得は、税負担を軽減するというお話。

ということで、富裕層の皆さまは、今のうちに、手持ちの株式を売ってしまおう、
だから、日経平均株価が下落している・・・のでしょうか?

売る人がいれば、買う人もいる・・・今、買っているのは、どなたでしょうか?
そして、富裕層の皆さまは、株式の売却資金を、何に振り向けているのでしょうか?

今日は日経平均株価が上がることを祈りつつ、仕事に行ってきます。

大泉稔1級FP技能士事務所

ようこそ!当サイトへのご訪問をありがとうございます。 「お金」と「消費者」の架け橋を目指して、 執筆を通じて、情報発信を行っています。 また、研修やセミナーなどの講師も行っております。 まずは、お声かけください。

0コメント

  • 1000 / 1000